2005年08月15日

1勝1敗 後編

前話の解雇の事件から1年後・・・・
中年男性が監督署の窓口にやって来た。

男性は「事業主とのトラブルで4ヶ月間分の給料をもらっていない。」と訴えた。

感情のもつれだけではなく、会社の経営も思わしくないらしい。
会社名を聞いたところ、男性は、

「A社です。」
と答えた。

『来た!』と思った。
今度の違反はずっと悪質かつ重大である。
『今度こそ何とかせなあかんな。』
と気合がはいる。
しかし、A社あてに出頭要求書を送付したが、全く連絡もなし。会社に電話をしても
「社長は留守です。」の返答ばかり。
痺れをきらせた男性(相談者)からは、
「まだ解決できないんですか?」
「このままじゃ生活が出来ません。」
との督促が来る。
その後も会社に足を運び、かつ毎日のように電話連絡を入れたが、会社の対応は相変わらず。
こちらも段々腹が立ってくる。最後には電話に出た社員に

「大変なことになりますよ。」
「この問題は、のらりくらりで済む話じゃないですからね。」


と告げた。
翌日、社長から電話が入る。相変わらずの口調で、
「あいつはロクに働いてない。」
「毎日電話しやがって。」
「嫌がらせのつもりか。」
「役所が介入するな。」
などと捲し立てた。
こちらも黙っていられない。

「あなた一体何考えてるんですか。」
「約束した日に約束した金額の給料を支払うのは最低の責務ですよ。」
「賃金は単なる債権じゃありません。その人と家族の生活を支える糧そのものです。」
「こちらも好きで毎日電話してる訳じゃない。」
「誠意のない対応を続けるようならば、必ず送検しますよ、必ず!」
「処罰されて、前科がついてもいいんですね。」

と半ば怒鳴り声になって応酬した。
そして・・・

電話が切れた。
『これは司法処分しかないな。』
『あの調子だと、素直に任意捜査に応ずるとも思えないし、ガサ(家宅捜索)までせなあかんかも。』
横で電話のやりとりを聞いていた部下のH君も
「これはもう司法処分しかありませんよ。」
「ガサならお手伝いします。」
と声をかけてきた。
「そやな、これはやったらなあかんな。」などと言っていると予想外のことが・・・
社長からまた電話がかかって来た。
「話だけは聞いてやる、あの男と一緒に明後日の朝9時に××県○○市にある○○支店の事務所に来い。」と言って電話を切る。

『??あれから10分くらいしか経っていないのに一体どういう心境の変化だろう。』
不思議に思いつつも、言われたとおり翌日の早朝、男性と一緒に電車に乗り込み、会社に向かう。
電車の中で、これまでのいきさつを男性に伝え、
「あまり期待できないと思います。」
「決裂したら、事件捜査に移ります。」
「あなたも、訴訟を考えておいてください。」
と説明した。
2時間後、指定された事務所へ到着。
事務所には忘れもしないあの社長と、30歳くらいの女性がいた。
はりつめた雰囲気の中、
「先日お電話したとおり・・・」
と切り出したが、社長はそれを制止する。
社長 「いくらだ?」

予想外の返答に戸惑っていた2人に、
社長「だから、不払いとなっている給料はいくらかと聞いているんだよ!」
私「本人の主張は、○○○万円ですが。」
こう答えると、社長は金庫を開け、現金を数え始めた。そして、札束を窓口のテーブルにドンと置いて、「数えてくれ」という。 
相談者が慌ててそれを数え、
「間違いありません。」「これで全額です。」と私に告げた。
狐につままれたような2人に、社長は
「これで文句はないな。サインしてくれ」
と言う。
男性は金を受け取り、言われるままに領収証にサインをし、押印した。
「さあこれで用は済んだはずだ、すぐ帰ってくれ。」
淡々と話す社長を不思議な眼でながめつつ、事務所を後にした。
帰りの電車の中、男性に
「よかったですね。」
「でも、どうしてあんなにアッサリと支払ったのかなあ」
と話した。
すると・・・・・・
男性 「あなたは最後の社長の言葉を聞いてなかったのですか?」
私「『帰ってくれ。』というのが最後の言葉でしょ?」
男性「違いますよ、その後にボソッと言った言葉ですよ。」
私「なんて言ってたんですか?」

男性「『生まれて来る子供の父親が前科者じゃ困るからな。』って・・」

私「あ!」

思い出した。
事務所にいた女性がマタニティーウエアを着ていたことを。

「あの女性が社長の妻だったのか・・」

「家族にだけは愛情を・・・・か。」


帰りの電車の中、男性とは言葉を交わすこともなく、そのまま別れた。
A社に関する苦情は、それ以降全くなくなった。そして、それから1年後、事業を閉鎖した。
まこやんは、
「世の中には、素晴らしい人もいれば、困った奴もいる。」
「善人と評価される人もいれば、悪評ばかりの奴もいる。」
「でも、人間は一つの物差しでは計れないなあ。」
と今も思うのである。

posted by まこやん at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

逆襲(BlogPet)

広い調子と、労基法や講師などを選択している間に、職員がゾロゾロと会場にやってくる
さて、会社に適用されるわけです
一同「う〜〜〜〜〜」
ん(-)
-;に適用されるわけですので、「わが社のしきたりでは」
ってな言い訳は通用せず、職員がゾロゾロと会場にやってくる
だよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「オス君」が書きました。
posted by まこやん at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

1勝1敗 (前編)

田舎から、ある都会の監督署に転勤したばかりの時のお話。
赴任した当日から労使トラブルの相談があり、処理を求められた。
相談者は大学を出てA社に入社し、2年目を向えたばかりの若い女性。
相談の内容は、


「入社して1年後、事業主に年休を使いたいと言ったら叱責され、即時解雇されてしまった。」

「解雇予告手当を支払わせてもらいたい」


というものだった。
※労働者を解雇する時は30日前に予告しなければならない。予告なしに解雇する際は解雇予告手当(1ヶ月の給料相当額)を支払わなければならない。


「まあ、結構手広く商売をやっている会社のようだし、すぐ解決するやろ。」ってな気持ちで、アポもとらないまま、相談のあった当日、A社に乗り込んだ。
 

「○○労働基準監督署です。」

「解雇の件でお邪魔しました。」

「代表者にお会いしたいのですが。」

と告げると、受付の上品そうな女性が立派な部屋へ案内する。
 待つこと約10分。姿を現した社長は、40歳くらいの男性。
自分の椅子にドカッと座って足を組み、突然現れた訪問者に不快感を露にし、敵意むきだしの視線を投げかけて

 「何の用だ!」
と、一言。
名刺を差し出し、
「労働基準監督署の者です。」
と告げ、
「社長さんですね。」
と質問したが、男は名刺を一瞥しただけで、名乗りもしない。

「だから、何の用だって聞いてるんだよ!」

と大声をあげた。
『これは、一筋縄ではいかんかな。』と思いつつ、その男に、苦情の内容を伝え、法律について説明した上、解雇予告手当を支払うよう求めた。 
すると、相手は激昂し、怒鳴りはじめる。


社長「ふざけんなよ、なんであんな世間知らずの娘の肩を持つんだ!」


私「肩をもっているわけじゃありません。法律で決まっているから是正するように申し上げているのです。」


社長「この忙しいのに、休ませるのも法律か。」


私「そうです。年休は労働者の当然の権利です。彼女は最低限の権利を行使しただけですよ。」


社長「あんな奴に、給料以外の手当てを払わせるのも法律か。」


私「そうです。それも法律で義務付けられているんですよ。」


社長「法律、法律と馬鹿のひとつ憶えみたいに言いやがって!」「そのお節介な法律のせいで企業がどれだけ迷惑してるかわかってるのか。企業の自由な競争を邪魔し、企業の自然淘汰を阻害しているのがわからんか。」


私「法律そのものの是非についてコメントする立場にはありません。」
 「しかし、労働基準法は最低限のルールです。競争は多いに結構ですが、それもルールを守ってからのことじゃないですか?労働者の犠牲を伴う競争なんて、本当の公正な自由競争じゃありませんよ。」


社長「知ったような事をぬかすな。」
  「お前に企業経営の何が判るんだ。」
  「それに、さっきからの俺に対する口の聞き方はナンダ。ちゃんと学校教育を受けて来たのか!」
←あんたには、言われたないっちゅうねん。


等々言いたい放題・・・
こちらも興奮して声が大きくなる。

私「だから社長!さっきから言ってるように・・・」

すると社長、怒りが頂点に達したのか、突然立ちあがり、

大きな声を出すな、コノヤロー!」

と怒鳴って机を蹴り上げた。
 『今日はあかんかも・・・・』
そう判断し、

「今日は帰ります。」
>「あなたの返事は相手に伝えておきます。」
「法律に違反している事は説明したし、その是正をするよう求めたにもかかわらず、拒否したこともね。」

と告げた。そして部屋を出ようとしたのだが・・・

「忘れ物だ!」
と怒鳴った社長が、私の名刺を床に投げ捨てた。
重い足取りで役所に帰り、相談者に電話して処理経過を伝える。
 相談者やその父親からは

「有給休暇を請求したのがそんなに悪い事なんですか。」

「そんな無法がまかり通るのですか。」

「どうにかならないんですか」


と訴えたが、

「何分こちらの行政指導には強制力がないのです。」

>「どうしても会社が許せないのであれば、刑事告訴することは可能ですが、それも直接あなたの権利救済にはなりません。罰金は国に納められますからね」


「お気の毒ですが、強制的に支払わせるおつもりなら、民事裁判しかありません。」


「また社長とは接触を図っては見ますが、見込みは薄いでしょう。」

と説明するしかない。
その後も何度か理事長と接触を図るが、全く取り付くシマがなかった。
相談者も最後には

「色々してもらったけど、もう結構です。」

「あんな人にもう関わりたくないし、もし嫌がらせがきたら困るので告訴もしません。」

と言って、監督署への申告を取り下げた。
その日の夜、
同僚と飲みに出かけ、痛飲・・・
これも監督官の日常のひとつである。

後編に続く
posted by まこやん at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

まこやん 一歩成長す

まだかけ出しで、ピュアーなハートの持ち主だった頃(はるか昔)のお話。
当事勤務していた監督署の管轄は、日雇いの労働者が多い地域で、その人達による賃金不払い等の相談も多かった。
ある日の朝、40歳くらいの男性が相談に来て、
 「○×建設で10日間働いていたが、給料が貰えない。」
「昨日から何も食べていない。交通費もないので遠くから監督署まで歩いてきた。」
と訴えた。
普通、監督署ではこのような事件を処理する場合、相手の会社に呼び出し状を出したりして、概ね1週間くらい先に相手と接触をとることが多いのだが、この男性は切迫した様子で、早期処理を希望する。 

男性「今すぐ金をとって来てくれ。」

私 「支払いなさいという指導は出来ても、役所がお金を取って来るわけにはいきませんよ。」

男性「では、すぐに支払わせてくれ。」

私 「いや、あのね、すぐにと言われても。」

男性「1週間も待ってられるわけないだろ。餓死するだろうが。」

私 「う〜ん」

こんなやりとりの後、とりあえずその場で電話してみることになった。応答に出た社長に対して申立内容を伝え、賃金不払いの事実を確認した上、速やかに賃金を支払うよう求めた。
しかし社長は

「働きぶりが悪かった。」

「会社の経営が思わしくない。」

「月末まで待ってくれ。」

等と言って支払いを渋る。

これは、普通の言い方ではすぐに払いそうにない。意を決して対決モードに・・・

「約束した日に、約束の賃金を払わないのは犯罪ですよ。」

「この人は、今日泊まる場所もないし、昨日から何も食べてないんですよ。」

「本当に餓死したり、凍死したら、どう責任をとるつもりですか

「社会問題になりますよ。」

と、まくしたてた。すると意外にもあっさり社長が態度を変え

「あ〜〜〜〜〜〜〜うるさい!」

「もういいよ。払ったらいいんだろ。」

「すぐ払うから、そいつをこちらに来させてくれ。」

と言ってきた。怒ってるみたいだが、そんなことはどうでもよろしい。とにかく払ってもらえばよいのである。
男に社長の返事を伝え、すぐに会社へ行くように指示したのだが、その男性、

 「会社に行く電車賃もない。」

 「絶対に返すから電車賃を貸してほしい。」

と懇願する。
嘘を言っているようには見えない・・
うまい具合に上司も見てない・・・
電車賃くらいはまあいいかと思って・・

「他の人に言うたらあきませんよ。」

と念を押し、その男性に200円を手渡した。
男性は

「ありがとう。本当にありがとう。」

と言って会社へ向かう。
それから約30分後、問題の会社から電話があった。

社長「今払った。」「本人に替わるぞ」

男性「ありとう。本当に助かりました。」

私 「よかったですね、じゃあこれで処理を終わりますから。」

こうして事件はあっさり落着。

「いつもこれだけ楽に片付けばいいんやけどなあ」

と一人上機嫌でその日
の仕事を終えた・・・
しかし、その数日後・・
署の3階で執務をしていたら、何やら下の方が騒がしい。
ほどなく署の庶務担当課長が血相変えて3階に上がってきて

「誰か、建設作業員にお金をあげなかったか?」

と怒鳴った。
恐る恐る先日の事件のことを話すと、業務課長が

 「ああ〜!それだ!」

 「なんてことをしてくれるんだ!」

と天を仰ぐ
急いで玄関に行って愕然とした。
なんと20人以上の建設作業員風の男がいて、騒いでいる。
おまけに一列に並んで、後ろのほうでは「俺のほうが先だ!」とか言い争っている。

「何事ですか?」
と聞くと、全員が口を揃えて

「ここで450円くれると聞いた。」

「俺にもくれ!」

「早くくれ」

と言う。
全てがわかった。
先日の男が「監督署に行ってお金を貸しもらった。」と仲間に吹聴したのであろう。それが伝言ゲームのように誇張されて

「監督署に行けば450円貰える。」

というふうに話が広がってしまったのである。
私と上司は、全員に

「全くのデマです。」

「お引き取りください。」

と怒鳴り、押し問答の末、なんとか全員を引き取らせた。
その後私が、直属の上司、次長、署長から順々に「バカタレ!!」と叱られたのは言うまでもない。
そして例の男からはその後一切の連絡もなし……
以下、心の叫び・・・

「あのおっさん、なにしよんねん。!」

「それにしても、450円とはなんやねん。中途半端に値があがっとるやんけ。」

こうしてまこやんは、ピュアーなハートをひとつ失い、かつ、一歩成長した。
posted by まこやん at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。