2005年08月26日

監督官ドラマふたたび?? (その2)

●前回のあらすじ
 TV製作会社のSさんから「監督官ドラマ続編のネタありませんか」との電話を受けたまこやんは・・・

既に前作で、かなりの裏話をしてしまったし、実際のドラマでも監督官の日常業務の多くが描かれてしまっている。
「こんなん、自分だけでは無理やな」と感じ、さらに
「これをネタに、また仲間内で盛り上がろう」と思い、すぐさま仲間を集めて「ネタ検討会&飲み会」を設定・・・

で、某日・・

チャルメラはん(-。-)
大先輩、「生き字引」と呼ばれるオールマイティー監督官だが、酒とマージャンと女性には弱い



<( ̄^ ̄)> GODねえさん。
昨年の上司、今は某署のエライサン。コワモテ豪腕先輩女性監督官。口喧嘩なら誰にも負けない。


よっさん(^o^)丿
1年後輩の敏腕監督官。自宅の基礎部分と自家用車は、パチンコで稼ぎ出したという凄腕。別名「飲み会帝王」


というメンバーを集め、秘密会議を実施したのだが・・・
1時間、2時間と時間が経過しても、昔話に花が咲くばかりで、中々本題に入らない・・・(-。-;)
ついにしびれをきらせて

まこ>あの〜〜そろそろ、本筋を・・

と切りだしたが、チャルメラはん以外は何も考えてなかった様子で、中々良い案がでない。



ねえさん  >やっぱ、監督官が殺人事件に絡むのって、難しいよね〜

チャルメラ氏>今注目されてるアスベストは?

まこ    >どんな事件なんです?

チャルメラ氏>犯人が、アスベストを利用して殺人事件を・・・

ねえさん  >発病まで30年くらい待つわけ? (-。-;)





よっさん  >病院を舞台として、医療現場を描くドラマは?

まこ    >どんなん?

よっさん  >権威の象徴である教授を頂点とする特殊な大学病院の実態を通じて、医療現場の矛盾や不条理を描くドラマみたいな・・

一同   >
そら、白い巨塔やんけ〜(`ε´)

結局、打ち合わせ会議は「単なる飲み会」となり、近日中に各自がネタを考え、送付することとなった・・・(^◇^;)
posted by まこやん at 19:05| Comment(2) | TrackBack(0) | まこ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

監督官ドラマ ふたたび?(その1)

フジテレビで監督官ドラマが放映されて1ヶ月余り・・・
巷の評判はというと、

1 うちの職場
 「あれはすごかったね」
 「しかし、かなり無茶やったね」
 「しばらく、窓口は大変になるんとちゃうかな?」
 推定視聴率70%以上 

2 とある専門学校の場合
 「昨日のテレビみた〜??」
 「メッチャよかったね、感動して泣いてしもたわ」
 「そうそう、最高やね、ゴーストは・・」
 推定視聴率0% 

3 とある中堅企業(残業の多い会社)の場合

 社員A 「見た?」 

 社員B 「見た見た。」

 社員C 「なんか、役員も全員見たらしい。」

 社長  「あんな番組に感化されずに、淡々と仕事するように・・」 

一同「きゃ〜〜( ̄□ ̄|||)」←あんたも見てたんかい
推定視聴率60% 

という感じで、インパクトは十分だったようである。

因みに視聴率は11.4%で、裏番組のゴーストに勝つという健闘を見せたが、「続編が出る」というところまではいかないらしい。

「また、どこかのTV局が計画してくれないかなあ」などと思っていたのであるが、つい先日、TV番組制作会社のSさんから、
 
「視聴率は、もうひとつだったけど、TV局に寄せられた反響はかなり良かったので、続編を考えてます。」


ってな電話が・・・/(°ё°)\

まこ >いいですね〜是非やってください。

Sさん>良いネタがあれば、具体化できるんですが、何かありません?

まこ >う〜ん、また殺人事件の本筋ですか・・(-。-;)

Sさん>本筋にはこだわりません、エピソードとかでもいいですよ。

まこ >わかりました、ほな考えて見ます。





ということで、仲間内を集めて、ネタ会議をすることに・・

嫁さん>そんなん、好きやね〜(-。-;)

まこ >(^◇^;)

posted by まこやん at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | まこ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

紛調の夏 日本の夏

新陳代謝に問題があるのか、汗腺が少ないのか、殆ど汗をかかない。
汗が出るのは顔だけで、それも専ら鼻の回りだけ・・・
ということからか、昔から「暑さにメチャクチャ弱い」のである。

今年の夏の暑さはことのほか厳しく、本当なら「ガンガンに冷房を効かせた事務室」で仕事をしたいのだが、労働局も政府方針に従って「冷房温度を高めに設定」している。(-。-;)←すなっちゅうねん
さらに、我が職場は「冬は暖房を入れても13度」というツンドラ地帯であるのに、「夏は冷房が効きにくい」という厳しい環境にある。

で・・・・

毎日のように

まこ   >あ〜暑い暑い暑い〜〜 (@_@;)

クリーン氏>そやね、暑いね(・_・)

まこ   >暑い暑い暑い〜〜 (@_@;)

クリーン氏>はいはい、そやね(・_・)

まこ   >ああ〜〜〜〜暑い暑い暑い暑い暑い暑い〜〜(@_@;)

クリーン氏>もうええって(-。-;)


という暑苦しい会話が展開されている。

おまけに・・・
終業時刻になると、クーラーが全館停止・・・
10分もすれば、急激に室内温度が上昇し、仕事どころではなくなってしまう。

クリーン氏>うわ〜〜(@_@;)

まこ   >どないせいっちゅうねん(`ε´)







こんなことが繰り返され、我慢できなくなって遂にディスカウントストアでMY扇風機(1000円)を購入し、机に設置・・・・




まこ   >はあ〜〜生き返るわぁ〜〜(^o^)丿

クリーン氏>遂にやりよったか(ーー;)

まこ   >ノーネクタイ、ノーベルトと並んで、これが欧米のトレンドでございます。(^o^)丿

クリーン氏>ちゃうちゃう(ーー;)


posted by まこやん at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | まこ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

初めての車上あらし・・・

かなり前の、とある休日

嫁さんと一緒に車で外出し、近くのレストランへ・・・
レストランの駐車場は1台しかとめられない。
あいにくこの日は先客の車が駐車してあったので、近くの100円パーキングに駐車したのであるが・・・

1時間後、パーキングに戻ってみると、何かがおかしい・・・


というか、助手席のドアのガラスが思いっきり割られている ( ̄□ ̄|||)


まこ>しゃ・・車上あらしやんけ〜/(°ё°)\

嫁さん>きゃ〜〜/(°ё°)\


すぐに警察に電話したら、やがて自転車に乗った警察官がやってきた。
かなり大柄な中年のおまわりさんである・・・



警察官>で、取られたものは?

まこ >運転席に置いてあったウエストバッグを・・ 

警察官>それっていくらぐらい?

まこ >990円でした。

警察官>そのバッグには何が入ってましたか?

まこ >釣った魚から、釣り針を外すためのラジオペンチです。

警察官>それっていくら?

まこ >400円・・・

警察官>ってことは、実質的な被害は窓ガラスってことですね。

まこ >ううう(T_T)

ってなやりとりをしてたら、警察官の携帯が鳴った。
着メロは、何故かエブリリトルシング

その後、電話に出たおまわりさんによる


「わしや」

「なんやて?」

「え?え?」 

「今、とりこんでるねん」

「え?なんやて?」

「わかってるって、後でまた・・」

「え?・・しかしやな、しゃあないがな」

「そやから、後で行くって・・」

「え?なんやて?」

「そうや、それはそのとおりや」

「え?」

「見抜かれてる?」


という、ピン芸人の小芝居のような応答の後、
「車上荒らしが多発してますから、座席には物を置かないように」
と注意され、検証終了。

ということで、
盗難被害額・・・1390円
実質損害額・・・27390円






まこ>アホ〜〜〜!(`ε´)
posted by まこやん at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | まこ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

初めての大文字

関西出身、関西在住であるにもかかわらず、一度も「大文字」を見たことがない。
10年くらい前、嫁さんと一緒に満員電車に乗って「5つ全部が見える」とされるポイントに行き、見物客でごったがえすところでジタバタしたことがあったが、結局1つも見ることができず、満員電車に乗って泣きながら帰ったことがあった(-。-;)

「もう、あんな目をしてまで、見に行きたない」

という思いが強いのだが、さりとてホテルのレストランあたりで見物すると、すごく高いらしい 
※「一旦、ホテルの屋上展望台で見学し、その後にレストランで食事するというコースで、18000円くらいもかかる・・・( ̄□ ̄|||)

ということで・・・
「もう、大文字を見に行くことはないやろ」
と思っていたのであるが、京都在住のYU嬢から

「金閣寺の近所のスナックで飲み放題、横のマンションの屋上で大文字見放題&うどん付きで3000円ポッキリ」

というお得なツアーの誘いが来た。

急な話だったが「私、嫁さん、よっさん、TU嬢、YU嬢、YU嬢のおかあさん」がスナックに集まり大文字見学をすることとなった。

で・・・


目の前の左大文字・・・
煙がもうもうと上がっているのが見え、すごい迫力である。









こちらは右大文字・・・
※本当は花火と金鳥マークは見えません

因みに、これらを「大文字焼き」と呼ぶと、京都人は怒るのである。(^◇^;)
posted by まこやん at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | まこ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

1勝1敗 後編

前話の解雇の事件から1年後・・・・
中年男性が監督署の窓口にやって来た。

男性は「事業主とのトラブルで4ヶ月間分の給料をもらっていない。」と訴えた。

感情のもつれだけではなく、会社の経営も思わしくないらしい。
会社名を聞いたところ、男性は、

「A社です。」
と答えた。

『来た!』と思った。
今度の違反はずっと悪質かつ重大である。
『今度こそ何とかせなあかんな。』
と気合がはいる。
しかし、A社あてに出頭要求書を送付したが、全く連絡もなし。会社に電話をしても
「社長は留守です。」の返答ばかり。
痺れをきらせた男性(相談者)からは、
「まだ解決できないんですか?」
「このままじゃ生活が出来ません。」
との督促が来る。
その後も会社に足を運び、かつ毎日のように電話連絡を入れたが、会社の対応は相変わらず。
こちらも段々腹が立ってくる。最後には電話に出た社員に

「大変なことになりますよ。」
「この問題は、のらりくらりで済む話じゃないですからね。」


と告げた。
翌日、社長から電話が入る。相変わらずの口調で、
「あいつはロクに働いてない。」
「毎日電話しやがって。」
「嫌がらせのつもりか。」
「役所が介入するな。」
などと捲し立てた。
こちらも黙っていられない。

「あなた一体何考えてるんですか。」
「約束した日に約束した金額の給料を支払うのは最低の責務ですよ。」
「賃金は単なる債権じゃありません。その人と家族の生活を支える糧そのものです。」
「こちらも好きで毎日電話してる訳じゃない。」
「誠意のない対応を続けるようならば、必ず送検しますよ、必ず!」
「処罰されて、前科がついてもいいんですね。」

と半ば怒鳴り声になって応酬した。
そして・・・

電話が切れた。
『これは司法処分しかないな。』
『あの調子だと、素直に任意捜査に応ずるとも思えないし、ガサ(家宅捜索)までせなあかんかも。』
横で電話のやりとりを聞いていた部下のH君も
「これはもう司法処分しかありませんよ。」
「ガサならお手伝いします。」
と声をかけてきた。
「そやな、これはやったらなあかんな。」などと言っていると予想外のことが・・・
社長からまた電話がかかって来た。
「話だけは聞いてやる、あの男と一緒に明後日の朝9時に××県○○市にある○○支店の事務所に来い。」と言って電話を切る。

『??あれから10分くらいしか経っていないのに一体どういう心境の変化だろう。』
不思議に思いつつも、言われたとおり翌日の早朝、男性と一緒に電車に乗り込み、会社に向かう。
電車の中で、これまでのいきさつを男性に伝え、
「あまり期待できないと思います。」
「決裂したら、事件捜査に移ります。」
「あなたも、訴訟を考えておいてください。」
と説明した。
2時間後、指定された事務所へ到着。
事務所には忘れもしないあの社長と、30歳くらいの女性がいた。
はりつめた雰囲気の中、
「先日お電話したとおり・・・」
と切り出したが、社長はそれを制止する。
社長 「いくらだ?」

予想外の返答に戸惑っていた2人に、
社長「だから、不払いとなっている給料はいくらかと聞いているんだよ!」
私「本人の主張は、○○○万円ですが。」
こう答えると、社長は金庫を開け、現金を数え始めた。そして、札束を窓口のテーブルにドンと置いて、「数えてくれ」という。 
相談者が慌ててそれを数え、
「間違いありません。」「これで全額です。」と私に告げた。
狐につままれたような2人に、社長は
「これで文句はないな。サインしてくれ」
と言う。
男性は金を受け取り、言われるままに領収証にサインをし、押印した。
「さあこれで用は済んだはずだ、すぐ帰ってくれ。」
淡々と話す社長を不思議な眼でながめつつ、事務所を後にした。
帰りの電車の中、男性に
「よかったですね。」
「でも、どうしてあんなにアッサリと支払ったのかなあ」
と話した。
すると・・・・・・
男性 「あなたは最後の社長の言葉を聞いてなかったのですか?」
私「『帰ってくれ。』というのが最後の言葉でしょ?」
男性「違いますよ、その後にボソッと言った言葉ですよ。」
私「なんて言ってたんですか?」

男性「『生まれて来る子供の父親が前科者じゃ困るからな。』って・・」

私「あ!」

思い出した。
事務所にいた女性がマタニティーウエアを着ていたことを。

「あの女性が社長の妻だったのか・・」

「家族にだけは愛情を・・・・か。」


帰りの電車の中、男性とは言葉を交わすこともなく、そのまま別れた。
A社に関する苦情は、それ以降全くなくなった。そして、それから1年後、事業を閉鎖した。
まこやんは、
「世の中には、素晴らしい人もいれば、困った奴もいる。」
「善人と評価される人もいれば、悪評ばかりの奴もいる。」
「でも、人間は一つの物差しでは計れないなあ。」
と今も思うのである。

posted by まこやん at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

夢日記

とある日、以下の夢をみた。


http://www.geocities.jp/cleanmakoyann/ika.htm

夢から覚めた後・・



まこ>最近この手の夢が多いような・・・(-。-;)

嫁さん>う〜〜ん (ーー;)

まこ>もしかして、来年あたり「イカ人権法」とか「イカ情報保護法」ってな法律が可決されたりして・・

嫁さん>されへんされへん

posted by まこやん at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | まこ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

職業病・・・(その1)

最近、毎日のように
3件
4件
3件
3件
ってな感じで、ものすごいペースで新たな労使紛争処理の申請がある。
いくら処理をしても、未決事件は増える一方で、ついに同時並行で処理している事件が20件を超えてしまった
(@_@;)

そんな日々を繰り返しているからか、人の話を薄めて薄めて聞く癖がつき、その結果・・・






女性>あのね、あのね、社長がね・・・中略・・で、これは●●さんの差し金やと思うんですが、やっぱり・・・・中略・・・ということで段々会社が嫌になってきて・・




15分経過・・・



まこ>ふんふん

女性>・・でね、●●課の××さんに相談したんだけど・・・中略・・・でもね、この会社って▲▲じゃないですか、だからね・・・



45分経過・・・・



まこ>ふんふん

女性>・・・だから〜、絶対会社が許せないんですよ。

まこ>ふんふん

女性>わかります?

まこ>わかります。

女性>ほんま?

まこ>要するに、
 「●年、●月に正社員として入社し、●●の業務に従事していたが、本年●月●日、●●部長から退職求を求めるるような発言があり、これに抗えないと思って退職してしまった。会社は経営難だと言うが、●●の状況などからして、人員整理をしなければならない状況とは思えず、納得できない。実際には私と折り合いの悪い上司が私を排除しようと画策したものと考えている。このような形で退職を余儀なくされたことには不満があるので補償金を支払ってもらいたい」
ってな感じですね。

女性>おおおお、そのとおり!ちゃんと聞いてくれてたのね。(^o^)丿


こんな感じで、もの凄く長い相談を5行か10行くらいの文章に要約することが特技になってしまった。(^◇^;)

続く・・・
posted by まこやん at 22:50| Comment(3) | TrackBack(0) | まこ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

職業病・・・(その2)

とある日、てんこ盛りとなった事件の処理のための残業を終え、帰宅・・・

嫁さん>あのね、自治会の会長がね・・

まこ >はいはい(-。-)y-゜゜゜

嫁さん>なんか地域の連合会の役員さんから・・・中略・・・ということを言われたみたいで・・

まこ >はいはい(-。-)y-゜゜゜

嫁さん>・・で、●●会長がね、「やっぱ、これは会計担当のまこやんさんとこで報告していただくことになってるんですよね」って言ってきたのよ

まこ >(-。-)y-゜゜゜はいはい

嫁さん>でもね、私たちが会長だった頃は、そんな仕事は会長自身がやっていたわけで、・・・・中略・・・「そんなん、会計の仕事やないちゅうねん」と思ったんやけどね

まこ >はいはい(-。-)y-゜゜゜

嫁さん>すると、会長もわかった様子で、「すいません、ではうちでやりましょうか?」って言ってきたんやけど、結局私がやることになったわけなのよ・・・

まこ >はいはい(-。-)y-゜゜゜

嫁さん>だからさあ、この報告は私が・・・・中略・・・そのかわり、少年補導は、私じゃ無理なんやから・・・

まこ >はいはい(-。-)y-゜゜゜

嫁さん>も〜〜〜(`ε´) さっきから「はいはい」ばかりで、人の話を全然聞いてへんやろ!

まこ >聞いてるがな(-。-)y-゜゜゜

嫁さん>いや、聞いてへん(`ε´)

まこ >従前は会長だったが、現在は自治会の会計を担当している。昨日、現会長から「連合会に●●の報告をしてもらいたい」という要請があった。これまでの経験により、これは本来は会長の職務であると思われたが、波風をたてることは得策でないと判断し、結局、私が同職務を負うこととなった。当該業務は私が担当するから、あなたは少年補導のパトロール業務だけは遂行するよう求めたい。」

ってなことでしょ(-。-)y-゜゜゜

嫁さん>要約するな〜〜(`ε´)←なんや、その味気ないまとめは!!
posted by まこやん at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | まこ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

ほっといてよ(`ε´)

登場人物

マエストロY氏 (-_-)・・・表彰状を和紙から作りかねない、こだわり系の豪腕先輩監督官


SS嬢 (’-’*)・・・同期の女性監督官。某局の要職、別名「残業ハンター」

とある日、出勤途中で「お金を殆どもって来てなかった」ことに気づく・・
ポケットの中には400円くらいしか入ってない。
通勤電車に乗ったら残りは170円 (-。-;)
これでは、毎日飲んでる「ヘルシア」さえ買えやしない・・・

●ということで・・・

まこ>あの〜〜〜

SS嬢>どうしたの?

まこ>お金を持ってくるのを忘れたので・・・

SS嬢>ふんふん

まこ>ちょっと貸してもらえないかな(^◇^;)

SS嬢>はいはい〜〜

ってな感じでSS嬢から2000円を借りた。

●で・・その日の昼

借りたお金で外食し、その帰り道に自販機に寄ってタバコを買っていたのだが、そんな私に、自転車に乗っていた「マエストロ氏」が接近し・・・

 
マエストロ>人に金を借りてまで、タバコ買うんか(-_-)
とだけ言って、自転車で去っていった・・・・











まこ>ほっといてくれ〜〜(`ε´)

心の声・
posted by まこやん at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | まこ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

逆襲(BlogPet)

広い調子と、労基法や講師などを選択している間に、職員がゾロゾロと会場にやってくる
さて、会社に適用されるわけです
一同「う〜〜〜〜〜」
ん(-)
-;に適用されるわけですので、「わが社のしきたりでは」
ってな言い訳は通用せず、職員がゾロゾロと会場にやってくる
だよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「オス君」が書きました。
posted by まこやん at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。