2005年05月27日

新人さんの苦悩

新たなメンバーを迎えてスタートした紛争解決一座。既に2ヶ月近くたっているのだが、初めて相談対応業務に従事することになった人達にとっては、
   「驚きと戸惑いの日々」
なのかも知れない。

この日も、新人の「マダムH」が、かなりユニークな人からの電話相談対応に苦労しているご様子・・・


マダムH「ですから、先ほどから申し上げておりますように・・」

相手  「だ〜だ〜」

マダムH「いえ、そういうことではなくて・・」

相手  「だ〜だ〜」

マダムH「それは、権利主張するのは難しいのでは・・・」

・・・・・・・

かなり長時間が経過し、やっと説明終了・・・


マダムH>はぁ〜〜〜〜〜(@_@;)

まこ  >お疲れさんです

マダムH>色んな人がいて、色んな相談があるものですね〜

まこ  >でしょ〜 

マダムH>本当に気の毒な相談も沢山あるし・・

まこ  >「知らんっちゅうねん」と言いたくなるのもあるでしょ。

一同  >あるある。めっちゃある。

まこ  >人それぞれ、思い入れと価値観が違うからね〜

マダムH>う〜〜ん

まこ  >相手は子供じゃないから、今更そう簡単には価値観は変わらない。

一同  >う〜ん

まこ  >だから、固まっちゃった相手の場合は、その価値観には踏みこまず、淡々と受け流さないとね。

マダムH>なるほど〜

まこ  >それでも溜まったストレスは、仲間に「知らんがな」などと愚痴って解消するようにしましょう。

マダムH>は〜い(^◇^;)

まこ  >因みに、私のように、この窓口の経験が長いと、もの凄い話も
      ふ〜〜〜〜ん (゜◇゜)
     と受け流すことが出来ます。

一同  >おおお

まこ  >では、皆さん、一度練習してみましょう。

一同  >え? (@_@;)

まこ  >ふ〜〜〜ん(゜◇゜)     

一同 >・・・・(@_@;)

まこ >ふ〜〜〜ん(゜◇゜)

一同 >もうええって (ーー;)
posted by まこやん at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | まこ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

スペシャルチーム結成

●登場人物

 <( ̄^ ̄)> GODねえさん。
昨年の上司、今は某署のエライサン。コワモテ豪腕先輩女性監督官。口喧嘩なら誰にも負けない。

\(▼▼メ) OM監督官
GODねえさんの部下。極真カラテ初段、海兵隊との付き合いもある武闘派監督官。腕っ節なら誰にも負けない。

(’-’*)  SS嬢
同期の女性監督官。某局の要職、別名「残業ハンター」


( ̄ー ̄) MYはん
●●●●●のスペシャリスト。安定系の「喋くりエース」


●とある日・・
上記4人が局の玄関に集まって何やら打ち合わせをしている。


まこ >一体何事やの? この物々しいメンバーは?

SS嬢>「抜き打ち調査と指導」を

まこ >どこ?

SS嬢>あそこ・・


まこ >な〜るほど〜。



ねえさん>では出発〜 <( ̄^ ̄)>


一同  >お〜〜!\(▼▼メ)(’-’*) ( ̄ー ̄)




<( ̄^ ̄)> \(▼▼メ)(’-’*) ( ̄ー ̄)ザッザッザ



<( ̄^ ̄)> \(▼▼メ)(’-’*) ( ̄ー ̄)ザッザッザ



<( ̄^ ̄)> \(▼▼メ)(’-’*) ( ̄ー ̄)ザッザ・・



まこやん>勇ましいね〜

クリーン氏>それにしても凄いメンバーやなあ。

まこやん >ドリームチームみたい(^◇^;)

クリーン氏>でも「GODねえさん」まで出て行かなくても・・

まこやん >陣頭指揮が好きなのでは?

クリーン氏>な〜るほど



数時間して、SS嬢が戻ってきた


まこ >どうだった?

SS嬢>空振り・・

まこ >なんで?

SS嬢>アルバイトしか居なかったのよ〜(T_T)

まこ >あちゃ〜

後日、再度ドリームチームが結成されることに・・・(^◇^;)

posted by まこやん at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | まこ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

ひ・・・・ひえ〜〜〜

「あっせんに参加する」予定の会社の社長が来局した。
弁護士を含め、2人のお付きを従えている。
会社側からの事情聴取を行い、かつ、申請のあった紛争に関する民事的問題を説明するために来てもらったのである。

まこやん>ご苦労様です。こっちの部屋です。


と言って、個室に案内・・・
名刺を交換し、3名が着席する。

し〜〜〜〜〜〜〜ん

重々しい雰囲気の中で、お仕事開始。


まこ>わざわざおいでいただきましてありがとうございます。さて、まずは、あっせんの制度について説明させて・・・

社長>いえ、制度はよく理解しております( ̄ー ̄)

まこ>あ、そうなんですか。

社長>さらに、まこやんさんのことも存じております( ̄ー ̄)

まこ>え??

社長>ホームページを見ました。( ̄ー ̄)

まこ>う・・/(°ё°)\

社長>誠にヒューマニズムに溢れた実話がちりばめられておりまして、大変興味深く拝見させていただきました。( ̄ー ̄)

まこ>ひ・・ひえ〜〜/(°ё°)\

社長>人間味溢れるお話から、まさに作者のお人柄がしのばれるわけで・・・。( ̄ー ̄)

まこ>ひえ〜〜〜〜/(°ё°)\

社長>ほっほっほ( ̄ー ̄)


お付きA>おっほっほ( ̄ー ̄)


お付きB>ほ〜っほっほ( ̄ー ̄)


まこ>ひえ〜〜/(°ё°)\
←いつまでやっとんねん

初めての展開に、たじたじとなりながらも、事情聴取を済ます。

さて、本番のあっせん、どうなることやら・・

posted by まこやん at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | まこ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

とある深夜

久々に日記を書いていた・・・

まこ>カシャカシャカシャ・・・

嫁さん>(-.-)ZZZZZZZZ

まこ>カシャカシャカシャカシャ・・・

嫁さん>(-.-)ZZZZZZZZ

まこ >で、でけた〜(/^o^)/

嫁さん>(-.-)ZZZZZZZZ

まこ >起きてくれ〜 日記が書けたで〜(/^o^)/

嫁さん>(-.-)ZZZZZZZZ

まこ >起きろ〜〜(/^o^)/

嫁さん>(-.-)うん?

まこ >はよ起きて、日記を・・ほれほれ

嫁さん>(-.-)ブラジルのコーヒー農園が・・ブツブツ・・

まこ >なんでブラジルやねん

嫁さん>(-.-)眠い・・・

まこ >寝ぼけてんと、はよ起きなはれ〜!

嫁さん>(-.-)あのね、この際、はっきり言わせてもらいますけど

まこ >なんやねん

嫁さん>(-.-)私も好きで寝てるわけではないのよ。

まこ >ほな、なんで寝てるんや・・・

嫁さん>(-.-)すごく眠たいわけなのよ


まこ >好きで寝とるんやがな〜(`ε´)

嫁さん>(-.-)ブラジルのコーヒー・・・ZZZ
←ふりだしに戻る

まこ >(T_T)
posted by まこやん at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | まこ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

ボケ極まれり

以前の日記にも書いたが、同時に何件もの事件を処理している上、並行して多くの相談者の話を聞いているので、もはや相談者の苗字を聞いても誰のことなのか全くわからない。(^◇^;)
おまけに最近すっかり物忘れがひどくなってきたようで・・・


客A>●川です。先日の件ですが・・

まこ>すいません、どの●川さんでしたか?

客A>ほら、2日前に、相談した、ほら・・

まこ>ほら言われても・・・

客A>(T_T)






・・・ということや・・・・・・・・






客B>●中です。

まこ>え〜っと・・

客B>問い合わせていた件は、どうなってますか?

まこ>え〜っと、どんな件でしたっけ?

客B>(T_T)




・・・・ということもあって・・・・・・・・






まこ >あかんな〜これは。

YU嬢>大変ですね〜

まこ >相談者の名前が全然覚えられない・・・

YU嬢>相変わらず、たて込んでますからね〜

まこ >ところで、あの・・・

YU嬢>え?

まこ >え〜〜〜っと、・・・

YU嬢>????

まこ >う〜〜〜〜ん

YU嬢>どないしたんですか?

まこ >思い出せない・・

YU嬢>何を?

まこ >名前(^◇^;)

YU嬢>

まこ >つい、ど忘れしてしまいました(^◇^;)


YU嬢>
posted by まこやん at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | まこ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

まこやん 一歩成長す

まだかけ出しで、ピュアーなハートの持ち主だった頃(はるか昔)のお話。
当事勤務していた監督署の管轄は、日雇いの労働者が多い地域で、その人達による賃金不払い等の相談も多かった。
ある日の朝、40歳くらいの男性が相談に来て、
 「○×建設で10日間働いていたが、給料が貰えない。」
「昨日から何も食べていない。交通費もないので遠くから監督署まで歩いてきた。」
と訴えた。
普通、監督署ではこのような事件を処理する場合、相手の会社に呼び出し状を出したりして、概ね1週間くらい先に相手と接触をとることが多いのだが、この男性は切迫した様子で、早期処理を希望する。 

男性「今すぐ金をとって来てくれ。」

私 「支払いなさいという指導は出来ても、役所がお金を取って来るわけにはいきませんよ。」

男性「では、すぐに支払わせてくれ。」

私 「いや、あのね、すぐにと言われても。」

男性「1週間も待ってられるわけないだろ。餓死するだろうが。」

私 「う〜ん」

こんなやりとりの後、とりあえずその場で電話してみることになった。応答に出た社長に対して申立内容を伝え、賃金不払いの事実を確認した上、速やかに賃金を支払うよう求めた。
しかし社長は

「働きぶりが悪かった。」

「会社の経営が思わしくない。」

「月末まで待ってくれ。」

等と言って支払いを渋る。

これは、普通の言い方ではすぐに払いそうにない。意を決して対決モードに・・・

「約束した日に、約束の賃金を払わないのは犯罪ですよ。」

「この人は、今日泊まる場所もないし、昨日から何も食べてないんですよ。」

「本当に餓死したり、凍死したら、どう責任をとるつもりですか

「社会問題になりますよ。」

と、まくしたてた。すると意外にもあっさり社長が態度を変え

「あ〜〜〜〜〜〜〜うるさい!」

「もういいよ。払ったらいいんだろ。」

「すぐ払うから、そいつをこちらに来させてくれ。」

と言ってきた。怒ってるみたいだが、そんなことはどうでもよろしい。とにかく払ってもらえばよいのである。
男に社長の返事を伝え、すぐに会社へ行くように指示したのだが、その男性、

 「会社に行く電車賃もない。」

 「絶対に返すから電車賃を貸してほしい。」

と懇願する。
嘘を言っているようには見えない・・
うまい具合に上司も見てない・・・
電車賃くらいはまあいいかと思って・・

「他の人に言うたらあきませんよ。」

と念を押し、その男性に200円を手渡した。
男性は

「ありがとう。本当にありがとう。」

と言って会社へ向かう。
それから約30分後、問題の会社から電話があった。

社長「今払った。」「本人に替わるぞ」

男性「ありとう。本当に助かりました。」

私 「よかったですね、じゃあこれで処理を終わりますから。」

こうして事件はあっさり落着。

「いつもこれだけ楽に片付けばいいんやけどなあ」

と一人上機嫌でその日
の仕事を終えた・・・
しかし、その数日後・・
署の3階で執務をしていたら、何やら下の方が騒がしい。
ほどなく署の庶務担当課長が血相変えて3階に上がってきて

「誰か、建設作業員にお金をあげなかったか?」

と怒鳴った。
恐る恐る先日の事件のことを話すと、業務課長が

 「ああ〜!それだ!」

 「なんてことをしてくれるんだ!」

と天を仰ぐ
急いで玄関に行って愕然とした。
なんと20人以上の建設作業員風の男がいて、騒いでいる。
おまけに一列に並んで、後ろのほうでは「俺のほうが先だ!」とか言い争っている。

「何事ですか?」
と聞くと、全員が口を揃えて

「ここで450円くれると聞いた。」

「俺にもくれ!」

「早くくれ」

と言う。
全てがわかった。
先日の男が「監督署に行ってお金を貸しもらった。」と仲間に吹聴したのであろう。それが伝言ゲームのように誇張されて

「監督署に行けば450円貰える。」

というふうに話が広がってしまったのである。
私と上司は、全員に

「全くのデマです。」

「お引き取りください。」

と怒鳴り、押し問答の末、なんとか全員を引き取らせた。
その後私が、直属の上司、次長、署長から順々に「バカタレ!!」と叱られたのは言うまでもない。
そして例の男からはその後一切の連絡もなし……
以下、心の叫び・・・

「あのおっさん、なにしよんねん。!」

「それにしても、450円とはなんやねん。中途半端に値があがっとるやんけ。」

こうしてまこやんは、ピュアーなハートをひとつ失い、かつ、一歩成長した。
posted by まこやん at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。